肌のたるみの原因と対策帆方法

美肌を作るうえで気になるのが「たるみ」ですよね。どうしてたるみが起こるのでしょうか?その原因を紹介していきます。
肌は4層構造でできているのですが、その中の真皮層というところにコラーゲン繊維が存在しています。この真皮層が衰えることで皮下組織が支えることができなくなり、下がってきます。皮下組織が下がってしまうと、さらに重力で引っ張られ下がり続けていきます。下がってしまった皮下組織をもとに戻すことはとても難しく、なかなか戻ることができません。
これはシワができるときと同じ要因で、どちらとも起こる前に予防しておくことが一番の対策方法になます。
なのでたるみとシワは同じ原因と対策ということになります。
宿便を出す
年齢以外にもたるみができる原因はあります。例えば紫外線や乾燥によるたるみ・女性ホルモンの低下・過酸化脂質の増大...などの他、普段使っている表情筋の硬さにも左右されます。

 

たるみがない肌を作るためには、真皮にたっぷりの栄養分を与えることが大切です。たるみには4つに大きく分類されますが、元の原因はコラーゲンの減少や表情筋の老化によるものです。なのでそこに集中したスキンケア商品を使うようにしましょう。

更新履歴